HEY MR.MELODYに行ったか行ってないか確認しました。

月一開催が先日終わってしまったHEY MR.MELODY。俺がこのパーティーの存在を知ったのは2006年10月の終わりのある晴れた日であろう日のことだ。

スペアの開店後のオープニングパーティーがあり、MR.MELODY君がふらっと店にやって来て店の外に勝手に椅子とか机ならべてるラウンジ的なところで一言二言会話したような記憶がある。多分そこでマイミクになった。今でも多分マイミクだ。

次にMR.MELODY君がスペアに来た時にレコードを数枚持ってきてDJしてくれて、その時の内容に感動した記憶がある。その時まで先輩方に可愛がってもらってたので若い衆からの影響とかあんまりなかったんだけどこの人ヤバイな、パーティー行かなきゃと思って行き始めたのが多分2006年12月。それから通いに通い7年間。欠席5回位。なので本当に5回位の欠席だったのかHEY MR.MELODYブログでフライヤー確認しながらカウントしつつ思い出があれば一言書いていきたいと思う。

2006年12月 Vol.56 行った
始めてのメロディで一緒に行ったのがajltのセキさんと当時遊んでいた女性と。この女性とは現在音信不通だ。LINEの友達に出てきてない。コイン駐車場からMOVEに行くまでに職質され『今、この辺りで殺人事件あったんだけど何か見てない?』と。CKBが言うところの地獄に一番近いヘヴン、長者町はやはり物騒なとこだなーという印象。

2007年1月 Vol.57 行った
全く記憶にない感じだけど行った

2007年2月 Vol.58 行った
真保タイディスコさん見たの覚えてる。あと若かりし頃のDJ Wildparty君と話をして3月にスペアで一人会やってもらうという話でまとめた気がした

2007年3月 Vol.59 行った
ここでミスメロくんに4月のモジュールでのイベントの屋台やらないかと誘われた思い出が。俺の初屋台はモジュール。

ヴィレバンのHMMコンピ 3枚買った



月イチラストの次の日これに付いてたミックス3枚聞いてた

2007年4月 Vol.60 行った
たしかサ上とロ吉のワンマンとかぶって一週間ズレたような記憶が。空手君とはじめて喋ったのこの辺。
シークレットでサ上とロ吉だったのかな。DRM花見でしかサ上とロ吉の二人と会ってない頃だな。MOVE行く前にサ上とロ吉とゴリと謎みっちゃんと居酒屋で飯食ってた思い出。



2007年5月 Vol.61行った

2007年6月 Vol.62 行った

2007年7月 Vol.63 行った

2007年8月 Vol.64 行った
ゲストのセクシーシンセサイザーの人がアルバム買ったらこれくれた

8センチCD

2007年9月 Vol.65 行った
この辺りから屋上を覚え始める

2007年10月 Vol.66 行った
お店の1周年パーティー前後か~というイベントと関係ない感想しか思い出せない

2007年11月 Vol.67 行った

2007年12月 Vol.68 行った
この時にCherryboy Functionに大ハマりした。DE DE MOUSEもみどさん繋がりで聞いてたな~ 今だに聞くけど。

ここまで13/13いってますね。

2008年1月 Vol.69 行った

2008年2月 Vol.70 行った
仕事を早めに切り上げてMOVE行ったら店がぶっ壊れそうなほど人が入っててたしかやけくんのDJだったのかな、サ上とロ吉の何かの曲かけて次は来ていたサ上君がラップしてECDさんにDJを繋ぐと。ECDさんはレコードの音を切ってアカペラでマス対コアとROCK IN MY POCKETをラップして会場の皆がそれにかぶせてる。俺は天井から落ちてくる茶色い水をよけてたな


2008年3月 Vol.71 行った

2008年4月 Vol.72 行った

全部フライヤー最高だけどこれ最高オブ最高。みどさんがジャケットデザインしたイルリメさんのDJを楽しみにしてた記憶

2008年5月 Vol.73 行った

ECDさんの時に店がぶっ壊れるかと思ったけどこの時も同じでした。メロディTシャツ、このデザインのXL買えなかったのが悔しかった系の思い出

2008年6月 Vol.74 行った
俺が帰る頃に人が増えてきた(4時過ぎ)気がした

2008年7月 Vol.75 行った
ドリアン君とCherryboy Functionどっちも見ないまま屋上にいた。今思えばもったいない。ドリアン君のライブをちゃんと見るのはこの後のベイサイドでのA.D.U.L.Tまでおあずけ。

2008年8月 Vol.76 行った

2008年9月 vol.77 行った

2008年10月 Vol.78 行った

2008年11月 Vol.79 行った
Umi No Yeah!の深夜に水着良かったなーって単純に思ってました

2008年12月 Vol.80 行った
この頃は近所でバーやってる先輩も一緒に連れてってたんだけどピーーーー(色々問題が出そうなので割愛)

ここまで25/25、もうちっとだけ連続出席記録は続く模様。気持ちだけは広島の衣笠のような気持ち

2009年1月 Vol.81 行った

2009年2月 Vol.82 行った
環ROY楽しみにして行った記憶。鹿田君とかも来てたのかな確か。それかこの辺で鹿田君が環ROYさんと対バンしたんだっけ?環ROYの話をしてた気がする

2009年3月 Vol.83 行った
あらかじめ決められた恋人たちへの池永さんにライブ後、脳君とかとそのユニット名どういうこと?独り身に人権ないの?とか嫌な絡みをしてた思い出

2009年4月 Vol.84 行った

2009年5月 Vol.85 行った

XLTシャツ買えたけどピンクしかなかった。今も着てる。

2009年6月 Vol.86 行った
桜井響さんが良すぎた思い出


2009年7月 Vol.87 行った
このドリアン君には間に合ったはず

2009年8月 Vol.88 行った
ECDさんをここで二回もチャージ1000円で見せてくれるなんて最高だと思ってた記憶。石原さんと喋ってる記憶があるのでこの辺りからだんだん喋る人が増えてきてた記憶が。俺が行き始めた初期は将軍が毎回いて上野くんに紹介されて喋るようになり、とかその辺も思い出してきた

2009年9月 Vol.89 行った

2009年10月 Vol.90 行った
PET SOUNDSというかゴンブト君とtomad君をメロディではじめて会ったとき未成年と紹介されたので目が合うとすぐ『一緒に交番行こう』という台詞を吐く嫌な先輩役をやってた気がする。その後tomad君とは会うたびに酒を奢ってる

2009年11月 Vol.91 行った
たしかイルリメさんの変名だよね

2009年12月 Vol.92 行った
のちにミスメロ君からBeachesのCDもらってちゃんと楽しめば良かったなと切に思う。多分屋上かファミマ前に溜まってた

ここまで37/37。もう少し続きそう。

2010年1月 Vol.93 行った
すげえゼンラ君良かったなーって思い出

2010年2月 Vol.94 行った
けど体調悪くて着いて5分で帰った記憶が

2010年3月 Vol.95 行った
ヒューヒューボーイになる前のけんさく君がバスドラの上にのって倒れるようにダイブしてるのを階段の上から見てた思い出。いや、このけんさく君の動き次のデコーダー時かもしれない。

2010年4月 Vol.96 行った

Choja-machi Saturday Morningをスペアで売るように仕入れたのにも関わらず、自分の分を確保し忘れて売り切り、再度売ってるのを見つけるまで手元になかった思い出。買えたのはごく最近。

2010年5月 Vol.97 行った

当時は監視社会だったので上手く目を盗み行く
Tシャツは確保した

2010年6月 Vol.98 行った
けどすぐ帰る

2010年7月 Vol.99 行った
けどすぐ帰る。kes君には間に合わなかった

2010年8月 Vol.100 行った
この時にタカラダ君ミックスもらってるのが行った証拠

2010年9月 Vol.101 行った
社会的な何かですぐ帰らねばならなかった

2010年10月 Vol.102 行った
けどすぐ帰る

2010年11月 Vol.103 行った
何もできずに帰る

2010年12月 Vol.104 欠席
とうとうこのパーティーを認識してからの初の欠席。よりによって年末、オカダダ君の時に。オカダダ君にはじめて会えたのは昨年末。長かった。

ここまで48/49。とうとうやすみが出てしまいましたね

2011年1月 Vol.105 行った
この辺りは残業といいバレないように行ってバレないように帰ってた記憶が

2011年2月 Vol.106 行った

2011年3月 Vol.107延期
この日は東日本大震災の日で夕方にサ上とロ吉とFIRE BのROAD TO修羅に行き夜中はメロディーに流れようと思ってた日。ROAD TO修羅のアフターパーティーもリキッドロフトであったんじゃないかな??

2011年4月 Vol.108 行った
心機一転、楽しんでました。女の子いっぱいいたなって。

2011年5月 Vol.109 行った

この辺りからXLのTシャツを事前予約してた

2011年6月 Vol.110 行った
MOVEで見るEKDが超良かったような記憶が。根木さんにEKDさん紹介してもらって盛られて紹介を受けてそれに乗った記憶が。

2011年7月 Vol.107(延期のがココに)行った
脳くんのライブ最後の方に間に合ったのかな??

2011年8月 Vol.111 行った

2011年9月 Vol.112 行った
着いたと同時にゼンラ君のライブが終わってて悲しかったのでスペア5周年パーティーに誘い、10月に5周年パーティーでスペアでライブをやってもらった記憶

2011年10月 Vol.113 行った
この日は女の子多かったな~というか人が多かった

2011年11月 Vol.114 行った

2011年12月 Vol.115 行った

出席率60/61。時間短い時ありましたがこの年は皆勤

2012年1月 Vol.116 行った

2012年2月 Vol.117 行った

2012年3月 Vol.118 行った
この時VIDEOTAPEMUSICさんのEP買ってこの夏に聞きまくってた


2012年4月 Vol.119 行った

2012年5月 Vol.120 行った
この時は某氏が車で寝るので鍵かしてくださいと言われたので渡したらそのまま帰り俺が激怒という思い出。撮影されて2秒位DVDに映ってる

Tシャツは安定の2枚買い

2012年6月 Vol.121 行った
たしかMOODMANさんの7インチセットだったんじゃないかな?良かった

2012年7月 Vol.122 行った

2012年8月Vol.123 行った
フジロックでWILDPARTY君に久々に会いこの年のスペアの周年パーティーに誘い、そしたらその直後にイベントでも続けて会ったという。カロちゃんとはこの辺りから会話するようになった気が

2012年9月Vol.124 欠席
この年、次の年と次の日にRIVERSIDE JAM CAMPというフェスに出店する為に行けなくなってしまった。朝四時発じゃ正直イベント行くの無理だ

2012年10月 Vol.125 行った
MOVEでL&B見るのしっくり来た夜。そして俺は長い間屋上で謝罪をしてた思い出。


10周年記念7インチセット、もちろん購入済

2012年11月 Vol.126 行った

2012年12月Vol.127 行った

71/73。まだ欠席二回なのかという感じ

2013年1月 Vol.128 行った

2013年2月 Vol.129 行った

2013年3月 Vol.130 行った
この辺りPAISLEY PARKを連日見てた記憶がある

2013年4月 Vol.131 欠席
車がこの日は無く行けなかった(涙)

2013年5月 Vol.132 行った

Tシャツはもちろん確保

2013年6月 Vol.133 行った
tomad君に酒を奢る

2013年7月 Vol.134 行った
lowpass良くてgivvn君のミックスと12インチ買った上でgivvn君とお話した記憶が

2013年8月 Vol.135 行った
嫁入りランドもたしか連日見た気がする。次の日オッパーラでかな?

2013年9月 Vol.136 欠席
前述のフェス出店の為欠席

2013年10月 Vol.137 行った
kes君のライブ暫くの間見納め、かろうじて間に合った記憶

2013年11月 Vol.138 行った
PICNIC WOMENの手が綺麗だった。LEFがお客さんとして来た瞬間から温度が変わった印象

2013年12月 Vol.139 行った
藤井洋平さん良すぎて次の日に慌ててAmazonで買う

2014年1月 Vol.140 行った
月一ラストで最後までいる、と思いきや別にパーティー終わるわけで無いと聞いてたからいつも通り4時過ぎに帰宅。あそこで会う人だいたい皆に会えて満足。

出席数82/86。率にすれば95%超えてるな。延べでお店のお客さん何人連れて行ったかわからない位連れて行ったはず。マーチにX人乗せて行ったこともあったな(Xは口頭で答えます)。月一ラストの時はお店で会う人が大勢いて感慨深かったなと。
このHMMと上野君主催の建設的は俺とスペアとここに至る複雑な人間関係を成立させるのに必要なイベントだったし、新しい音楽や何かを得るのに充分かつ最高な場所だった。俺が仕事を始めたタイミングと時代と人が良かった。

次は春にある模様なので日程が発表され次第確実に店を閉めて遊びに行こう(深夜ならいつも通り)
スポンサーサイト
コラム | トラックバック(0) | 2014/01/16 21:28

今年の気持ちが揺さぶられた瞬間2013

今年の気持ちが揺さぶられたもの、人をつらつらと書き連ねる回です。昨年も書いたんですが早い順から良い、とかそういうわけでもないので適当に。

(1)サイプレス上野とロベルト吉野関連のリリース







今年はスペア7周年パーティーにも出演していただきました上にリリースも鬼、これ以外に上野君はミックス二枚と吉野君もHOLY君とミックス出してますね。吉野君とHOLY君のミックスはどんどんジャケが変わっていくのが新しい!そうだ、サ上とロ吉名義はTパレットのもか!

昨年はTICTACやベストにも収録されたヨコハマシカのPVがスペアでも撮影された記憶もあり、改めてあれから一年経ってあの曲がアンセムになり、と完全に風雲昇り龍(©天龍源一郎)な動きをしつつもここスペアでプラネタリウム(という名のパーティー)始めたりと走り回ってる二人の活躍、本当に影響受けます。
昨年に引き続き上野くんとはプールやプロレス観戦、吉野君はHM/HR関連のdig等で遊んだりしてました。そう思えば今年は初めて吉野君と二人でパーティーに遊びに行くということがありました。

(2)STERUSSのリリパやフジロックやスペアにてライブを行ったこと




ZZには本当にお世話になりっぱなしです。小箱というかクラブでもない俺の家の居間より狭いココでライブお疲れ様でした。来年もライブに遊びに行きます!

(3)田上明引退




地球上に存在するプロレスラーの中で一番好きな田上明が引退しました。これからはノアの社長頑張ってください!
引退式の4ショット(三沢は遺影)、あとはタイガードライバー'91とリストクラッチ式バーニングハンマーを始めて食らった時の動画を。

田上引退式の後に行われたこの試合を見て死んでしまう系の試合を続ける正統な四天王プロレス継承者は高岩なんじゃないかという話をコウタ君や上野君としてました。

(4)DORIAN / midori


前作とは違いすぎるけど、10年後このCDを新譜で置いてあるレコード屋はセンスがいいということで間違いないであろうevergreenな作品。お店で死ぬほど聞いてます。そして7周年パーティーもライブありがとう!

(5)PPP関連のリリース
fc2blog_20131222112718202.jpg
fc2blog_20131222112514afa.jpg
fc2blog_20130522114847d40.jpg
fc2blog_20130409174408b2e.jpg




毎年お世話になってる横浜が誇るレーベルPAN PACIFIC PLAYAの皆様のリリースどれも最高でした。写真以外のリリース作品も全部ツボ!アブナイ!

(6)旅、出張屋台
fc2blog_20130212110450d39.jpg
fc2blog_201302121051533cf.jpg

fc2blog_20131222113151fca.jpg
fc2blog_20131222113029d5a.jpg

今年は屋台で横須賀、新山下、代官山、湯沢、神戸と様々な場所に出張しました。来年ももっといろいろ出張したいので何か機会があればお誘いくださいませ。上記のPPPのLUVRAW君、Mr.Melody君、ヒューヒューボーイとの車で神戸も最高だったなあ。プロレス観戦仲間のコウタ君とのフジロックも味わいがありよかった。

個人的には4泊5日で沖縄に行き中毒とまでは言わないけどハマりました。冬に関東より暖かいのは最高。

(7)運動
スイミングに一昨年からハマり、今秋からウォーキングにもハマりつつあります。2年前の写真の俺のパンパンなツラを見ると運動して良かったとつくづく思います。

(8)KENTA

今年はKENTAを追いかけてNOAHに行ってたようなものでした。最後の永田戦以外は完璧。個人的なベストバウトは小橋引退試合の次の日の杉浦戦。

(9)メッツコーラ

ポンタカードつかうと30ポイント返ってくるということでほぼ毎日買い続けて二ヶ月。いや三ヶ月か。糖分とらない代わりに腎臓へのダメージが心配です

(10)ブックスキタミのレコードバザー

元旦にプールが休みなのでウォーキングしてて、飽きてきたので気分転換に入った本屋で狂ったレコードバザーがやっててジャージのままレコードを掘り続け、歩きなのに40枚位レコードを買い占めたといういわくつきの本屋。メチャクチャ重かった。現在もほそぼそとレコード売ってます。在庫チェックは週二でしてます。

(11)POP喫茶 OPPA-LA
fc2blog_2013122318122532e.jpg

プール後の昼飯食いに、週末イベントで、スペアの周年パーティーで使わせてもらったりとお世話になってる飲食店で一番好きな所です。来年もならせば週一位で遊びに行くでしょう。

(12)明太子

今まで味が口に合わず、完全にスルーしていたんですがいきなり美味しく食べられるようになりました。年をとると楽しめることが少しずつ増えることもあるんですね

(13)ビール

どうしても味が口に合わないビールだったのですがやっと美味しく飲めるようになりました。きっかけは沖縄旅行でやることなくて安かったオリオンビール飲みながらフラフラしてたので。結果慣れました。

(14)ディッキーズ
fc2blog_201312271444332d0.jpg

洋服一着につき3000円以上かけない掟を作って生きているんですが、二年前からの継続的な運動によりゆるゆるになりはけるズボンが少なくなって行く中こちらはまだ大丈夫というディッキーズ。コストコで一時期2000円切ってたので何色か買いだめしました。作業着なので丈夫です。よくはいてたなということで。

(15)アメリカ感

学生時代、深夜にやってた所さんのTV見て育ってたのを最近ふと思い出してアメリカ被れになりたいと思い始めてます。お店のフードメニューも来年から増えるものはアメリカ感あるものが多いし調度品もそういうの増やそうかと思ってます。

(16)植物

結構真剣に食える野菜が育つ畑以外の植物は絶滅した方がいいと思ってたんですが歩くのにハマり始めてから自然の移り変わりを目で感じ取れるようになり、ああいいなと思い始める時が増え始めました。

ただ、杉と檜だけは絶滅してほしい。

(17)imamon解散
fc2blog_201312272314070a3.jpg


大学の後輩、imamonが解散してしまいました。本当にいいバンドだったんですよ。写真のアルバム、それに解散ライブの動画がYouTubeに上がってるので現場で体験は出来なくなったけどそこを落とし所にすれば良いのかな。解散ライブの2回目のアンコール動画から辿れば全部見れるはず。そして元メンバーも新バンドで活動開始してるのでそちらもチェックしていきましょう!

(18)一十三十一
fc2blog_201312272319289b9.jpg
fc2blog_20131227233445881.jpg
fc2blog_2013122723184953e.jpg

完全に一ファンです、はい。写真は自慢も兼ねて。年明けのアルバムも楽しみです!

(19)スペアの看板を新調
fc2blog_2013122723253011e.jpg

2013年6月21日深夜にスペアの看板盗まれまして、TOWA君に新しい看板を作ってもらいました。宇宙感あるイイモノ!

(20)全日分裂
全日本プロレスが武藤派W1と分裂してしまいましたね
fc2blog_201312272331160e5.jpg

まだこのハンドサインやってるのかな?

(21)おかっぱちゃんハウス
fc2blog_201312272339127b6.jpg

地元のスター、Boojilさんがアートスペースやり始めまして遊びに行きました。店を始めた時から仲良くしてる人のステップアップは嬉しい!!

(22)THE MIDNIGHT TV PROGRAMSのPV撮影
mtvp_004-logoplus1.jpg

スペアで三回目のPV撮影行われました。サ上とロ吉が二本撮り、その次に続いたのがロックンロールバンド、THE MIDNIGHT TV PROGRAMS!!こちらです

松田くん脱退したのは残念だけど、スリーピースってバンドで一番カッコいいスタイルだからその編成でも期待してます!

(23)やけのはら / SUNNY NEW LIFE
fc2blog_20131228101120c19.jpg
fc2blog_20131228101650424.jpg





やけくんのこのアルバムも時々聞きたくなる中毒性がすごいあります。そして12インチが本当に音が良くてびっくりしました。

(24)猫
fc2blog_2013122810194507c.jpg

いいやつです


まだ書き上がってないというか何か忘れたものを思い出すので二月くらいまで徐々に増えていくと思います。良いお年を。
コラム | トラックバック(0) | 2013/12/31 15:23

ニューエラ+1(ウーロンハイ、キャビンマイルド3箱)

ひと段落ついたので。

スペアが開店してから7年経ち祝うパーティーも終わった。切り口を変えた7周年のお話でも。

スペアに来るたびにタバコ3箱持って来る男がいた。タバコ置いてない店だし飲む途中で買いに歩くのもめんどくさいんだろう。頼む飲み物はウーロンハイ。濃くしてくれたら俺は嬉しいと言っていた。

彼とは小学生の頃、たまたま引っ越してきた場所が近くクラスが一緒だったというところから関係は始まる。近所なんでちょくちょく遊び、同じ少年野球チームに入り、彼はレギュラー先に入っていた俺は補欠とよくありがちな関係だった。

そのまま大人になり普通に生活をし、普通に太りながら年をとっていく関係はまだまだ続くのであろうタイミングで、それもちょうど一年前、いきなりこの世からいなくなった。この一件でわかったのは突然すぎる別れには若い、若くないということは関係ないということだ。一通りのコトが済み、携帯にその友達の親父さんからメールが来た。一言いや四文字で表現するなら『倍生きろ』と。

あれからずっと考えてる。時間的な倍なのか中身的な倍なのか彼が出来なかったことをやるのか。具体的に言うと生前彼はPS3のガンダム無双頑張ってたからそれを俺が頑張ればいいのか。そういうことではないのかもしれない。

見ることができないことを見せるような気持ちで、とか体験できなかったことを体験しているかのような説明するような気持ちで、とか多分そういうことか?多分それもなんかしっくりこない。人がいない分の穴埋めを人数が減った状態で気合いでカバーしよう、当然無理だ。野球を8人でやるようなものだ。野球を8人でやるならどのポジションを減らすか。あえてキャッチャーがいないというフォーメーションを推したい。ピッチャーはバッターに打ってもらえるように優しい投球になりバッターからの好感度が上がり、甲子園のファールばっかりするバッターのようなタイプの選手に対しては特にピッチャーは優しくなるし言うことがなくなる。

話がそれました。特別に何かをやるってことでなく日常をしっかりやることが色々な意味で倍生きることに繋がるんだとぼんやり思っていた。

そんな彼の墓に先日行ってきた。江ノ島にほど近い寺にあった。10:00集合のところ俺が滅多にしない遅刻をしてしまい10:30に到着した。俺のみ遅刻な上、気まずさと前日ステルスを店に呼んでライブを見た高揚感から気づいたら花代は俺が持つと無駄な男気を見せそんなことを言っていた。帰ってから少し後悔した。

墓に向かう途中、駄話をしながら別のことを考えていた。彼の告別式に行くとそのことを認めたことになると思って行かなかった位なので逃げの妄想をしていた。みんなで昼何を食おうかな、とか。今でもたまたまいない位には思っている。

墓の前についた。ここは由緒ある寺で門に水戸黄門の印籠と同じ家紋がある。すぐにみんなで掃除をし、花を飾り、時間としては15秒もないけど手を合わせこの一年何があったかを心の中で報告した。何があったかって言っても報告することは生きています、位だ。あとは個人的な楽しみ等、言えないこともちょくちょくあるのでその辺は省いた。よく見たらサントリーのウーロンハイの缶が置いてあった。タバコはさすがにあれだからか置いてなかったけど、色々あったけどあの時といつまでたっても変わんねえなとか思って手を合わせた。

みんなそれぞれが手を合わせて、その足で昼飯食いにレストランに向かった。席が3名と4名に分かれてしまうんですが、とオバちゃんから言われたので独身と既婚者で別れようと提案したら1vs6になってしまった。オーマイガッという英語が頭の中で始めて出てきた。使ったこと無いけど。37歳の日常。黙殺。味噌汁が200円追加でラーメンにかわります、シラスが云々かんぬん言われたけどまあなんでも良かったので雑なモノを頼み食べた。美味いけどその時の気持ちに沿うなら味がしなかった。

小さい頃からの友達は石の前で風になってキャビンマイルドの煙を感知しウーロンハイ飲んでるような漂い方して1年経ち現実世界にはいないけど、こうやって時は流れ、俺がやり始めたインチキっぽいバーも開店から7年経ってしまった。時間が流れていく中でどういう楔を打ち記憶にのこるような出来事を起こせるかということが重要になってきた。時間さえ経てばどんな事柄にも良し悪し関わらず結果は出る。その結果に抗う為に今は動いている。頭の中には常に親父さんからのメール倍生きるということが巡っている。時間は進む。俺も進んで自分の手で楔を打ち込み結果を出すような何かを動かす、自分や他人の気持ちを揺さぶる作業をしないと現実的な生死にとは関係なく終わってしまう。倍生きるってそういうことだと解釈している。ニュアンス難しいけど濃い薄いとはまた違う。人生が濃厚であることが必ずしも倍だとは思わない。薄さにも良さがある。

7年前いやもっとさかのぼると俺が件の彼と出会った時から、もしくは彼とお別れをしてからでもいいけど俺が認識する友達がその時より今の方が沢山増えたような感じがしている。ただ友達が増えてもその穴埋めは一生出来ない。代わりはいない。多くの人と出会い少しの人と揉めながら、数人は本当のお別れをしてしまった。俺が人と認識した人はずっとそのままあって欲しいけれど、なかなか思い通りに上手くいかない。

彼が存在しないこの1年間、俺にとっては新鮮な1年間であり、少し物足りない1年間であり、初めての1年間であった。なかなか叶わないけどネガティブな理由で気持ちのリセットすることはもう体感したくないな。6年間でいいか悪いか一区切り、その上で1年間が過ぎ足して7年経ったなという感じがする。
コラム | トラックバック(0) | 2013/10/27 01:00

サ上とロ吉ワンマンに行こう

毎回こういうタイミングでいい話を書いているので今回もいい話を記録として残したいと思う。



TIC TACのリリックにどれくらいプロレスネタが含まれてるか確認してみよう!!!!

fc2blog_201302131618137bb.jpg


①ぶっかます

清野アナの前説にもプロレス用語が多かったので追加します。

・ドリームランドの残党

→ラッシャー木村選手、寺西勇選手、アニマル浜口選手からなるはぐれ国際軍団、通称国際プロレスの残党からでしょうか。

元ノアの泉田純選手主催で菊地毅選手、本田多聞選手も参加し興行を行ったひと時のノアの残党軍団、チーム頑(かたくな)のことではないでしょう。

・十字架カミソリボード

→大日本プロレスやフリーダムスのデスマッチでよく見られる十字架のボードに細かくカミソリがついているもの。デスマッチウエポン。コーナーに立て掛けて相手をぶつけるも良し、寝ている選手の上にカミソリ面を掛けてボディプレスをするも良し。会場では試合後にそこで使われたカミソリが1個100円位で売られてます。

・花道

→入場ゲートからリングにたどり着くまでに歩く道のこと。プロレスリング・ノアGHCヘビー級選手権の秋山vs丸藤の時、秋山選手が丸藤選手にココでショルダースルーを決め、しばらく丸藤が本気で痛そうにのたうちまわる、というので俺の中では有名。

・大流血戦

→血が沢山出ている試合です。

・ゴチャゴチャ言わんとぶっかませ!!!
thumb_450_01_px450.jpg

→新日復帰後、前田日明がアントニオ猪木筆頭とする新日本プロレスラーに言い放った「ごちゃごちゃ言わんと誰が一番強いか決めたらええんや」から

・現代にスピアー

→このスピアーは槍ではなくこっち。胴にいくもろ手刈りのようなタックル。アマレス出身のレスラーがアクセントとしてよく使ってますね。


・力道山(先生)
images.jpeg

力道山。日本のプロレスの創始者。


・ガッデム
tumblr_mk58a8m4PQ1qjndigo1_500.jpg
→普通のスラングですが引用元はプロレス好きなら必ず所持している漫画、プロレススーパースター列伝からでしょう。

・(だコノヤロー)
120526_00520(2).jpg
→やる気元気(モリシ)DON'T STOPだ(コノヤロー)でお馴染み元GHCヘビー級チャンピオン森嶋猛選手の締めのコールの最後から。会場では括弧部分を起立して叫びます。現在怪我により欠場中。

・正直ソーリー(正直すまんかった)

IWGPチャンピオンの佐々木健介が藤田との防衛戦を前にスコットノートンに負けてしまい、試合後藤田に向かってこのセリフを。この後、迷走に迷走を続けノアでの小橋戦を期に徐々に復活をする。
現在はプロレスファン的には色々本性を探られて気まずい感あるが、一般層には鬼嫁の夫、優しいマイホームパパキャラで人気が浸透中。

②LIVE GOES ON
・今からやってやるって
越中
越中詩郎選手は紙面でのインタビューの時に語尾に~やるってとつく決まりがありそこから。越中選手は大の阪神ファン。長州力選手は維新軍、越中選手のは維震軍。この誤字は許されない(後藤達俊に)

③ヨコハマシカ
④マイク中毒PT.3
⑤DOOR
・吐いたツバなら絶対飲まねーけど

あの有名な長州選手と橋本慎也選手の抗争より。「吐いたツバ飲み込むな」から

⑥だろう生活ながら毎日
⑦契流星群
⑧ヒップホップ体操第二
⑨WHO'S LEADER
⑩YouTube見てます
・一世一代の果たし状
08123101-onita.jpg
→様々な場面で果たし状が出てくるのですが、UWFに果たし状を持っていって当時の社長に「チケット持ってますか」と追い返された大仁田のことなのか、現役引退をした長州にしきりに俺と電流爆破マッチをやれと果たし状をもって乱入した結果、長州の汗つきTシャツが送られてきて電流爆破マッチをした時のきっかけになった時の大仁田のことなのか、曙に電流爆破マッチをせまった時の大仁田のことなのか、初代タイガーマスクに電流爆破マッチをせまった時の大仁田のことなのかは今度上野君に聞いてみます。

⑪とくにありません
・とくにありません
shownewsiconphp.jpeg
→現IWGPチャンピオン、新日本プロレスCHAOS所属オカダカズチカ選手の試合後インタビュー一言目はだいたいこの言葉です。打点の高いドロップキックが見ものです。インタビューの締めは「(負けた選手の名前を入れて)さん、お疲れ様でした」。

・これマジ
iconphp.jpeg
→新日本プロレスCHAOS所属、ミスターR指定こと高橋裕二郎選手のマイクアピール最後に必ずつけられる言葉。その前はウイットに飛んだ下ネタか誹謗中傷がくる。棚橋選手がチャンピオンの時に愛人に刺されたネタを持ち出した時はビックリしました。
サ上とロ吉と同じく衣装はリバーサルですね。

⑫GIVE ONE'S LIFE 4...

以上です。

サ上とロ吉ワンマンリザードはもちろんのことながら遊びに行ってたんですが、当たり前のごとく最高でした。あんなにタイトなライブはバンド以外ではめったに見れないというか出来ないライブを1MC1DJでやってるんだよね。死ぬほどイベントに遊びに行ってる俺が言うんだから間違いない。
WONDER WHEELの帯に書いてあった「今乗っとけいっその事そしたら遊び放題一生保証!?」あれから4年経ってるけどまだ間に合うしまだまだスペースあるよ!今乗ろう(呪う)!



「TIC TAC TOUR 2013~筆おろし~」ファイナル公演
6月22日(土)@東京代官山UNIT
OPEN 18:30 START 19:30
SPECIAL GUEST:OZROSAURUS、LUVRAW&BTB、STERUSS、JAB
GUEST DJ:SHINCO(スチャダラパー)
問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
コラム | トラックバック(0) | 2013/06/20 21:00

STERUSS ステルス


ZZの皆とはだいたい建設的で知り合った。中にはそうでない人がいる。最初の思い出は何だろうか。6年前のドリームの花見後にとにかく認識したんだろう、まだZZやステルスに加入前ビート武士の事を。

スペア開店半年~1年過ぎ位までスペアに毎日のようにムラと上野君が溜まっててそこに代わる代わるDRMクルーの皆が来てた印象がある。その後すぐに、武士にはうちの店でやったDJしたことない人向けDJイベントでゲストとしてDJしてもらった事がある。初期衝動!

あとはcrime sixxxことクワさん。スペアで現在Bootleg Monumentというパーティーをやっているクルーの前身のパーティーというか飲み会やってる時に複雑な人間関係からかクワさんがやって来て泥酔して真夜中にマイク握ってなんかを叫んでた(笑)たしか5年前位。

その後縁あって、クワさんにはスペアでソロライブを何回も(一年に一回ペースで)やって貰った。始めてスペアでクワさん呼んだ時、俺の同級生の音楽をやってる友達もブッキングした。


18-22歳まで、いわゆる大学生時代はバンドをやっていた。軽音楽部というありきたりなバンドサークルに入ってずっとベース弾いてた。スラッシュメタルとデスメタルと別口でエアジャム周辺しか好きじゃなかったからグルーヴ感とか一ミリもない速く弾くことのみを目指したアホなベーシストだった。

部活なんで一緒にあんまりバンドをやってなかったけど、仲の良かった同級生の石井という男がいる。

石井は卒業してからほぼ連絡をとっていなくて、大卒後最初に就職した会社を辞めた辺り、30歳を迎える前辺りからから何かのきっかけからか再度連絡をとるようになった。

彼はその時まだバンドをやっていた。空メカニズムというバンドをやっていた。

俺が知り合った十代の頃はイングウェイより速くて正確でマーティーフリードマンみたいなギターを弾く湿ったアパートに住む男だったのに、それから月日が彼を変えていたのかカッコ良いロックをやっていた。

当時はヒマがあれば空メカニズムを見に行き、彼の変化やまだバンドをやっている事を自分の事のように喜んだ。俺があっさり辞めてしまった事を形を大きくして続けている彼は羨ましかったし、そしてバンドをやり続けてる姿に安心した。

そのうち俺は店を始めて、何回か屋台の経験を積んでから空メカニズムの主催イベントでフード出店を依頼された。即答でOKをだした。俺の都合やお金なんか関係ない。

正直な所、これ以上嬉しい仕事はなかった。あの時、若さ以外夢も希望もありそうでなかった湿った石井のアパートでショットガンメサイアのアイアムアガンやオジーオズボーンのオズモシス1曲目、ペリーメイスンやパンテラのグレートサウザントレンドキルを聞きながらウダウダしていた頃に比べて、俺や石井は一歩先に進んだ段階に来てる、と確信した。昔の友達と仕事の出来る喜びほど良いものはない。今だってそうだ。俺が謎のバーをやりはじめた時すぐに発見してくれてイベントで屋台をやらせてくれたミスターメロディー君や所属するPAN PACIFIC PLAYA、ことあるごとにイベントや撮影にスペアを使ってくれるサ上とロ吉やZZにはこの点で一生頭が上がらない。

そんな石井をクワさんソロライブにブッキングした。もう一人大学の同級生の須永さんもブッキングした。

石井も須永さんも良いライブをしてくれて、最後はクワさんがバシッと締めてくれた。ライブ後、石井はバンドをやってる癖に俺もラップやりたくなったと言っていた。

現在、石井のバンド、空メカニズムは活動してないっぽい。だから何だとも思わないし、年齢やそれぞれの状況を考えると動かない理由もあるだろう。ただ、たまにテレビで空メカニズムのドラマーのジブ君があの人やあの人というメジャーどころのアーティストの後ろでドラムを叩いてるのを見るとまだ何かが続いている感じがして嬉しい。

話が逸れすぎてすみません。合計三回位クワさんにはスペアでライブをやってもらったんだろうか。ステルスが一時ほとんど活動出来てない時もスペアでクワさんは本気でラップをし、いつも終わったあとこんなんで良いんですか、と照れながら話をしてくれた。

その時の映像は盗撮して直後にYouTubeにあげてある。ヒット数からするとほとんど誰にも気づかれてない。これを気に怒られバレて消すことになるだろう。なので見るなら早めに見てね。




この時(2010年)にはワンバースのリリックも出来ているんだなと。

スペアみたいなライブするには音が悪い(なんせオーディオ用のスピーカーなので)そんな狭い店でも常に本気でライブをするクワさんを思うと極力都合のつくタイミングでライブに行きたくなるし、実際に行ってる。

昨年のフジロック、ステルスだけを見にフジロックに向かった。

7月28日21時、近所で皆と合流し苗場を目指した。私事が連発しているけど、この日は自分の誕生日だった。誕生日祝いということで飲み屋では休んでいけない土曜なのに店を休み、フジロックへ。

5年ぶりの苗場、特に変わってなかった。天気は良いし、前回の一人でと違い今回は大勢と来てるのでテンションも違う。ついてすぐにステルスのライブが始まった。サ上とロ吉の時は緊張したけどステルスの時はうちの店に来てくれる皆やイベントで顔を合わす皆がいたからか子供いないけどお父さんのような気持ちでライブを迎えられた。

ライブはYouTubeに一時期全編あがっていたのでコメントはない。あのまま。一言で言えば最高だった。後であの時行っておけば、的なコメントをいう人が周りに多いけど、そこはシンプルに行っとけば良いのに、としか言いようがない。上野君の曲じゃないけど、ライブやイベントは一回きり。そこをちゃんと把握してないとダメだよ。



この写真、俺が現地でiPhoneで撮りました。見た瞬間超笑った。

ステルスのライブが終わった後、いつも遊んでくれてる皆と合流してステルスを胴上げしたり円陣組んだり写真撮ったりして話をした。そこにはやけのはら君やWILDPARTY君やスペアザのヤギ君やいつもその辺で会う人が大勢いてふと長者町に来ているような雰囲気に襲われた。そこで何があったか細かい話は直接聞いてほしい。言える範囲内で話します。

そして気づけばベイサイドに移った建設的で8月より屋台のレギュラーになり偶数月第四木曜、二ヶ月に一回必ずステルスを見るようになった。



その間にThe Rap Messengersの発売もありライブ前や後に車やお店で聞き込んだ。個人的にはこのアルバムのPV製作で諏訪君がやっているってのも嬉しい。諏訪君はスペアの近所に住んでいる若者(もうそこまで若くないか)で身内がチャンスを掴み活躍してくれると俺は本当に何もしてないけど、ただひたすらに嬉しい。その最初にアップされたPVのLAST DAYという曲、あれ本当に良い曲だと思う。そして12インチにしか入ってないけどこの曲のビート武士リミックスも抜群に良い。レコードプレイヤーがない、もしくは買い逃して聞いてない人は店でリクエストを。



年をあけて早々のステルスリリースパーティーはスルーした。年始早々仕事が忙しくって。その時には横浜でもやるという情報流れてたしそこまで待とうということで諦めた。そして2月24日の横浜LIZARDでのリリースパーティーに行った。

入場しようとしたら入口で帰りがけのサイプレス上野君に会った。マイク中毒PT.3とぶっかますをぶっかました後だったみたいだ。そしてLIZARD入口で何故かベラマツ君と上野君、DRM MANと四人並んで写真を撮る。何処かに誰かがアップしていると思うその写真。あれは何だったんだろう。

ステルスが始まる前で正直お腹いっぱいの出演者だった。antic、LEF!!! CREW!!!、ツッチーさん、GAGLE、タケウチカズタケさん、ATATA。この時始めて見たATATAには相当ヤられた。今後は仕事に都合のつくタイミングではライブに行こうと思う。またこの辺は長くなるので別の機会に。事前にLEFはMOVEでのLEFのパーティーに行ってるし、タケウチカズタケさんは建設的で、GAGLEは江ノ島の海の家でクロマニヨンと東田トモヒロさんの3マンで見てる。何処にでも俺はいる。

ほぼ満員のお客さんの前で2時間、俺が今まで見たステルスを超える何かを体感した。ステルス四人、タケウチカズタケさんを加えたthe RapMessengersというバンド形式のもの、ATATAとそしてGAGLEのHUNGERさんと。

前のアクトが素晴らしい上でのライブの2時間は正直長い。ただその2時間で今ステルスがやりたいことを全て体験出来たし、あのライブがブレイクポイントであったと感じた。ステルスがやりたいことはカッコ良い、というよりブレがない。ある程度の年齢やキャリアを重ねたアーティストがドンドン節操なく見当違いの新しいジャンルに挑戦して消えていく様を死ぬほど見てきたけどステルスにはそういう心配はないのをシッカリ確認出来て嬉しかった。良いものをひたすらに探求していくスタイルは心に響くし結果として形に残る。

ブレない良い音楽をやっているだけでなく、人間として面白いステルスの皆。個人的な思いや色眼鏡みたいのはモチロンあるし贔屓目で見ている。が、今後がどのようになっていくのかは楽しみだし、少しずつ大きくなっていく変わりゆく状況や変わらない人間達を追っていくのも俺の楽しみの一つだ。


そしてそんなステルス、3月いっぱいの投票でフジロックのルーキーからメインステージ出場という企画がある。俺は現地で投票してきました(ステルスに)。ネットでも投票しました。

http://www.red-hot.ne.jp/rookie13

こちらからツークリックで投票出来ますので是非ご協力をお願いします。ステルスでるなら1日券買って見に行くよ!週末の稼ぎ時に飲み屋を休んで良いのか?フジロックは誕生日周辺なので雑で適当な理由をつけて休む!
コラム | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/03/06 11:09
 | HOME | Next »